実現しました荒川区!

 これまでに荒川区政で具体的に実現できたことです。



この4年間で実現したことです。質問日等、詳細は後程。

●区民提案の子育て・アートイベントの助成金創設

●病児保育の設置

●小学校プレスクール

●区報メルマガ版

●CATVの災害時のL字放送、HPの防災無線の内容の再掲

●ボールの使える公園

●商店街活性化策

●自然体験を拡充


【平成21年度単年度 介護事業所:新規雇用に対する補助事業関連】
(1事業所1人まで週30時間以上勤務で100万円、週30時間未満勤務70万円の補助)
この事業を区内の経済基盤の確かでない中小零細介護事業者でも使いやすくするために
補助の前払い制度を進言して実現しました。ちなみに経済基盤の確かでない団体やNPO
の活動についても国や市区町村の補助は近年前払いが多くなってきました。


【2010.11.11 あらかわ区報】
様々なメディアを使って分かりやすい国保・介護保険の説明をすべきと要望したところ、最
後のページに「払わない場合のリスク」についてをストーリー漫画で説明いただいた。
→介護保険や議会、給食費などの「意義」についても今後お願いしたい。社会の基本がす
っかり忘れられている時代になっていることを痛切に感じる。


【2010.4 荒川区ホームページ】
2010年4月に新装される区のホームページに見やすいイベントカレンダーをつくってほしい
と要望を出していたが、実現はした。
→全然区内の行事が網羅されていないのが難点。小学校の運動会さえ掲載されていない。


【2009.4 地域子育て見守り事業
乳幼児期の絵本の読み聞かせの重要性を主張したところ、0才と3才のお子さんに絵本が
区よりプレゼントされることになりました。0才児にはお母さんが絵本の重要さが分るように
なる本、3才児には数種類の中から選ぶことができます。


【2009.4 荒川自然公園の月曜開園】
荒川自然公園は月曜日が定休日だが、生涯健康都市を推進している荒川区としては開園
すべきではないかという提案をしたところ、2009年の4月より実現。



【2010.4 尾久三業通りの街灯】
以前は商店街で明るかったが、2車線で道幅が広いのに細街路と同じ明るさだったため、
暗く感じる上、以前には痴漢・ひったくり・盗難等の犯罪が発生していたこともあり、明るくす
るよう要望したところ、セラミックメタルハライド灯という電球に換えていただきました。明る
さが以前の2倍になり、水銀灯よりも明るくて省エネ長持ちします。

【2010 「荒川区配偶者暴力の防止及び被害者保護のための計画」意見反映】
DVの原因として、人間関係の構築や表現力、コミュニケーション力の危弱さが一因として
あるとすれば、もっと小中学生からの教育の中でもそういった力の育成を推進すべきとい
う提言を福祉委員会の中で行ったところ、計画の中に反映していただきました。


                                                   home